二重整形にも【トレンド】がある!自然なまぶたを演出しよう!

二重整形の特長

カウンセリング

埋没法と切開法

二重整形には大きく分類して、埋没法と切開法とがあります。これらは二重整形の代表的な手術法となります。それぞれの違いを知ることで、自分に適した整形方法を知ることができます。

埋没法の特長を知る

埋没法は、まぶたに糸を埋め込み留めることで自然な凹凸を作りあげます。この凹凸が二重となり無理のない美しい目元を演出してくれます。埋没法では2点から3点ほど糸で留めることになります。手術ではメスを使用しないことから、短時間でデメリットがすくない二重整形だと人気です。中には、週末の休みや大型連休を利用して二重整形を受ける方もいます。手軽ということは、手術費用もコストが抑えられているということにもなります。

切開法の特長を知る

埋没法とは異なる切開法は、文字とおりまぶたを切開し二重を作る整形となります。この方法ではメスの使用があるものの、自分が思い描いた理想的な二重を作ることができると根強い人気をほこっています。この方法であれば、欧米人のような並行二重も作ることが可能です。ただ、術前と術後では大きく印象が変わってしまうため、事前のカウンセリングでしっかりと相談することが大事です。切開法は半永久的に効果が長持ちするので一度固定したまぶたは、中々変えることができません。再手術の手間がなくコストもトータルで考えれば抑えられていると言えるでしょう。

術後三ヶ月が本当の完成形?

実は、術後のダウンタイムを経ても二重整形が完成というわけではないのです。例えば、術後埋没法であれば3ヶ月後ほどたった頃が完成形と言えます。ダウンタイムが落ち着きまぶたの晴れが引き、二重が固定されていれば完成であり成功と言えます。しかし、埋没法との相性が悪い場合は糸の固定が取れるケースもあります。また、ダウンタイム中にまぶたを強くこすってしまうと糸が切れてしまうこともあります。仮に二重の固定が崩れても、保証や保険等でカバーできる場合もあります。埋没法は失敗が少なくメンテナンスも行える二重整形ですが、事前のカウンセリングでしっかりとリスクについても聞いておきましょう。

Copyright© 2019 二重整形にも【トレンド】がある!自然なまぶたを演出しよう! All Rights Reserved.